スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おととい。

父の方の祖母が他界しました。
急な事でした。
足が悪いので介護が必要でしたが元気は元気でした。

そしてその亡くなる日は朝、祖父が車イスをおして眼科にも行き検査もし帰ってきました。
そして昼ご飯を食べて介護士さんが入浴をしてくれるので、祖父は田んぼに仕事しに行ってました。

そしたら介護士さんから呼ばれ意識がない。との事でした。
昼ご飯食べたものを入浴中に吐き、それが肺に入りすぐに意識不明、心肺停止状態になったとの事でした。

救急車ですぐ病院に向かいましたが、延命治療をしても、改善はないとゆう事で、泣く泣く祖父がもういいです。
と判断を下し、たった3時間の間で息を引き取りました。

そして、昨日お通夜、今日告別式でした。
昨日の夜、今日の昼、レッスンお休みをいただき実家に帰りました。
昨日の夜、棺に入ってる祖母を見た瞬間『おばぁちゃん』『おばぁちゃん』と呼んでました。
そして涙が溢れてきて、しばらく泣きやめずに棺から離れられませんでした。
信じられませんでした。
目をあけそうで、信じられませんでした。

そして今日で祖母とは会えなくなります。
最後たくさん花をいれてあげて、『おばぁちゃんありがとうね』『ありがとう』って何回も言いました。
顔を触って、最後に肌に触れられました。
実家の前が祖母の家なので、よく遊びに行ってました。
本当に今までありがとうって気持ちでいっぱいです。
86歳でした。

祖父が辛そうでした。
挨拶の中のまだ介護したかった。
って言葉が印象的でまだまだ生きていて欲しかったって気持ちが伝わって来ました。

人の命は本当に考えさせられるものです。
人間は産まれた時から死に向かって人生を歩み出すんですよね。
寿命はそれぞれ違うにしろ、後悔をしないように、伝えたい事、また今度会えるし今度でえっか。
じゃなくて、会える時にはちゃんと会おうと思います。
今度ってもしかしたらないかも。

おばぁちゃん86年間ご苦労様でした。
本当にたくさんの愛をありがとう!
スポンサーサイト

コメント

 

フォーム

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © TOM LOG All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。